てんちょ

記事一覧(89)

【重要】セキュリティ強化(TLS1.0/TLS1.1停止)に関するお知らせ

いつもハイボルテージ – オトナのためのホビーセレクトショップをご利用いただき、ありがとうございます。当店では、お客さまの通信の安全性を高めるため、2019年2月1日(金)よりサービス仕様変更によるセキュリティ強化を行うことといたしました。これに伴い「TLS1.2」に未対応の古いブラウザーやパソコン・スマートフォン・タブレットから、当店の各種サービスがご利用いただけなくなる場合がございます。「TLS1.2」とは?SSL環境(https)でアクセスする際に用いられる、通信内容の暗号化方式です。現在、多くの方がお使いの端末・ブラウザでは自動的に有効化されておりますが、一部の環境では対応しておりません。【サービスがご利用いただけなくなる環境】・Android:Android 4.3以下・iOS: Safari 4以下・Windows:IE7以下、Firefox 23以下、Google Chrome 29以下・Mac:Safari 6以下※バージョンの確認方法はお使いの端末・ブラウザのヘルプをご参照くださいませ。お使いの環境が影響を受けるか、以下のページよりご確認いただけます。https://pepabo.com/security/news/tls12/引き続き当ショップを安心してご利用いただくため、何とぞご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。ハイボルテージ – オトナのためのホビーセレクトショップ

トラクサス XL-5HVスピードコントローラー セッティングガイド

XL-5HVはLiPo 3セル・NiMH 7セルに対応するブラシモーター用防水スピードコントローラーです。5種類のプリセットプロファイルからお好みのモードを選ぶだけで簡単に使用できます。バッテリーを過放電から守る低電圧検出機能や、万が一オーバーヒートした時に回路を保護するサーマルプロテクションも装備しています。主な仕様対応モーター:ブラシモーター 最大21ターン(550サイズ)トランジスター:MOSFETPWM周波数:1700Hz内部抵抗:0.004Ω瞬間最大電流(前後進):100A瞬間最大電流(ブレーキ):60A入力電圧:7.2V~11.1V 3S LiPo / 7S NiMHBEC出力:6V/1Aバッテリーカットオフ設定XL-5HVには低電圧検出機能が備わっており、LiPoバッテリーの電圧が推奨最低値を下回ると出力を50%に制限し、カットオフ電圧を下回るとモーターを停止してバッテリーの過放電を防止します。※LiPoバッテリーはバッテリー保護機能をオンにしてご使用ください。※走行中にスピードが遅くなったら、すぐにバッテリーを交換してください。LiPoバッテリー保護機能のオン/オフを確認するには送信機をオンにします(スロットルはニュートラル)。完全に充電されたバッテリーパックをXL-5HVに接続します。EZ-Setボタンを押して離し、電源オンにします。 保護機能がオンになるとLEDが緑色で点灯します。LiPoバッテリー保護機能をオンにするにはXL-5HVのLEDが赤く点灯しているのを確認します。EZ-Setボタンを押し続けます(LEDは消灯します)。 約10秒後にモーターが2回鳴り、LEDが緑に点灯したらボタンを離します。保護機能がオンになりました。

トラクサスTRX-4:ESCのドライブモードは何を使ってますか?

こんにちは!店長です。どこのBlogかSNSだったか覚えてないのですが、「TRX-4のアンプ(ESC)にはドラッグブレーキがないから、ロッククローリングには向かない」みないな事をおっしゃる方がおられまして…。いえいえ、トラクサスTRX-4のESC「XL-5HV」には、ドラッグブレーキはもちろん、ヒルホールドブレーキもちゃんとついてますよ♪という訳で、今回はXL-5HVのドライブモードをご紹介します。XL-5HVには、5つのドライブモード(プロファイル)があらかじめ設定されていて、ドライバーが好みの設定を選べるようになっています。プロファイルの内容はざっとこんな感じ。プロファイル#1 (スポーツモード): 前進100%, ブレーキ100%, バック100%プロファイル#2 (レースモード):前進100%, ブレーキ100%, バックなしプロファイル#3 (トレーニングモード):前進50%, ブレーキ100%, バック50%プロファイル#4 (トレイルモード):前進100%, ブレーキ100%, バック100%, ドラッグブレーキありプロファイル#5 (クロールモード):前進100%, ブレーキ100%, ヒルホールドブレーキあり, 即時バックちなみに、工場出荷状態ではプロファイル#4に設定されています。ロッククローリングなら当然プロファイル#5ですね。プロファイル#1~#3の出番はあまりない思いますが、お好みでどうそ。プロファイルの選択方法1. 送信機の電源を入れ、XL-5HVへ完全に充電されたバッテリーパックを接続します。2. EZ-Setボタンを押してLEDが緑色に点灯し、赤色に点灯してから点滅(プロファイル番号の回数)するまで押し続けます。3. LEDが設定したいプロファイル番号の数に点滅したら、EZ-Setボタンを離します。4. LEDが点滅し、次に緑色に点灯(LiPoバッテリー保護機能オン)または赤色(LiPoバッテリー保護機能オフ)になり、走行可能状態になります。